スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

オニツカタイガーのスニーカー


オニツカタイガーのスニーカーが今人気です。をご存知ですか。オニツカタイガーはもともとスポーツブランドのアシックスと同じ会社でアシックスの創業者の鬼塚喜八郎が1949年に鬼塚株式会社を設立しました。

オニツカタイガーは、スポーツブランドのアシックスから始まっているため、スポーツモデルのスニーカーが豊富です。あの超有名野球選手、イチローとコラボした商品もあります。

またオリンピック選手も採用しているほど、スポーツ性にすぐれたスニーカーであるといえるでしょう。
オニツカタイガーのスニーカーは、機能性はもちろんですが、ファッション性も重視したオシャレなスニーカーになっています。おすすめのスニーカーです。







| オニツカタイガーのスニーカー | - |
| comments(29) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

アンダーカバー(UNDER COVER)のスニーカー

 
アンダーカバー(UNDER COVER)というスニーカーブランドをご存知ですか?余りなじみがない(?)かもしれませんが、アンダーカバー(UNDER COVER)は、ストリート系のカジュアルブランドで若者の間でとても人気のあるブランドなんですよ。芸能人の間でも愛用者は多く、かのファッションリーダーでもある木村拓哉も愛用していることでも有名です。

ここで、アンダーカバーの歴史について簡単に説明します。アンダーカバー(UNDER COVER)は、1989年、デザイナーの高橋盾氏は、エイプのディレクターNIGO氏と共に、ブランドを設立しました。本格始動は91年からで、2年後には伝説のショップ、NOWHEREを、NIGO氏とオープンさせました。

ストリートでありながらパンキッシュなスタイルを織り交ぜた独特のデザインで、ストリートファッションのカリスマと言われるほど、人気のある国内ブランドです。

世界のモード界からも注目を集め、パリコレの常連となるほど、評価の高いブランドであります。2005年には、青山店地下にZAMIANGをオープン。

ヒステリックグラマー、ナンバーナイン、有名フォトグラファーを広域なコラボレーションを実現させています。アンダーカバーのスニーカーの特徴は、やはり一目でわかるカラフルな色使いと、斬新なデザインで構成されている事です。

新作、2008年 S/S COLLECTION "Summer Madness"は、とても爽やかな印象のストライプパターンを施した、オールスタータイプのシアサッカー地スニーカーです。ボトムスやウエアを選ばない、シンプルな色使いもポイントです。

特徴は、他のスニーカーではあまり使用しないパープルカラーを基準にブルー、ピンクなどを使い、爪先が丸くなって反り返っていたり、何気ないところに個性が出ています。

また、ベアー柄も可愛くて人気があります。それに、スニーカーの柄は可愛い物ばかりではなく、総ドクロ柄という個性的なものもありますので、他とは違ったスニーカーが履きたい人には、良いかと思います。

アンダーカバーは通販でも購入できますが、熱烈なファンがいますので、なかなか入手するのが困難なのは否めません。さらに限定品やレアなものになると手に入れるのは、困難になりますが、ヤフオクなどのオークションに出品していることもありますので、チェックは常にしておいた方が良いかもしれませんね。

| アンダーカバー(UNDER COVER)のスニーカー | - |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

バンス(VANS)のスニーカー

 バンズ(VANS)は、名作SK8-HIやオールドスクールとスリッポンなど、その種類の多さ、限定品の多さなどから決してファッション性を失わない貴重なブランドです。

バンズ(VANS)の創業は1966年。南カリフォルニアにて、カジュアルフットウェアの製造業者として誕生しました。

ちなみに、バンズという社名は、創設者であるポール・ヴァン・ドーレン氏に由来しています。スニーカー、スリッポンなどは、何かと服に合わせやすいので、愛用されている方も多いと思います。

バルカナイズ製法のスニーカーは、地元サーファー、スケーター中心に人気爆発。その後の日本での知名度も、説明するまでもありません。

不変のデザイン、豊かなカラーバリエーションが人気です。バンズの中で、一番最初に作られたのは、「AUTHENTIC」というモデルです。改良を重ね、履き口にパッドをつけたもので、1977年に作られました。

BMXライダーたちをはじめスケーター、サーファーにも愛されています。DOGTOWN 時代の Z-BOYS たちが履いていたネイビーのカラーやコンビのカラーリングのものは、あまりにも有名です。

そのシンプルなデザインは、今でも年齢を問わず履き続けられています。通称「JAZZ」の名で親しまれている、バンズの定番モデルは、元々BMXライダーの為にデザインされました。現在は、スケーター用に各部が改良されています。

スエードでトゥの部分のみ補強されているのが、その特徴の一つです。ワッフルソールで、キャンバス地を使用しています。スケボシューズが次々とハイテク化していく中で、ほとんどモデルチェンジされずに、ベストセラー商品となっている、シンプルな型が人気の秘密です。

| バンス(VANS)のスニーカー | - |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

コンバースのスニーカー

 コンバースのスニーカーというと、あの大きな星のロゴを連想してしまう私ですが、スニーカーの代名詞、スニーカーの定番といってもいいほど有名ですね。

コンバース(Converse)は、1908年にアメリカで設立されたシューズブランドメーカーです。

シンプルなデザインは、ジーンズにもチノパンにも、どんなボトムにもフィットするので、根強い人気があります。

コンバースのスニーカーのラインナップとしては、オールスター、ジャックパーセル、ワンスター、、ウエポン、スキッドグリップ、ジャックスター、プロスター、などがあります。素材は、基本的にキャンバスとレザー。※キャンバスとは、帆船の帆として主用されていた、太めの糸で織った厚地の布のこと。

これらのラインナップうち、ハイカットとローカットの2種類があるのは、意外ですがオールスターとウェポンのみです。コンバースの原点は機能性という事ですが、斬新なデザインにも富んでいるのが、コンバースの特徴です。

スポーツ業界へ進出したコンバースは、バスケットシューズはもちろんの事、テニスシューズ、ランニングシューズといった、それぞれの専門分野で活躍することになります。

そして、スポーツという専門分野にとどまらなくなり、1980年代は、日本でも一般の人々が、コンバースのシューズを、ファッション感覚ではいていました。私も赤のオールスターを、何足も持っていましたよ。

他のスポーツのシューズであれば、考えられない事です。多くの人々に愛用されるようになり、子供向けの商品も開発しました。

まさに子供から大人までといった具合で、生活スタイルになじんでいったのです。また他にも、人々を魅了した理由は、カラーバリエーションが豊富な事です。機能性、デザインなどの点においてコンバースは、多種多様な魅力を備えているのです。

コンバースのスニーカーは、新作が出てもデザインはこれまでのスニーカーとデザインはさほど変えることなく、素材を少しだけ変えて作っているようです。そのこだわりと信念がコンバースのスニーカーファンを魅了しているのでしょうね。

以上 コンバースのスニーカー情報でした。

| コンバースのスニーカー | - |
| comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

▲このページの先頭へ

プーマ(PUMA)のスニーカー

 
プーマ(PUMA)のスニーカーって、あまりピンと来ない方も多いかもしれません。プーマのスニーカーを鮮明にイメージできる人も少ないかなあ〜。プーマといったら、スニーカーよりもサッカーシューズの方が有名もしれませんね。

このページではプーマ(PUMA)のスニーカーについての豆知識をお届けします。この記事を読めば、プーマ(PUMA)のスニーカーに興味が沸けば幸いです。

プーマ(PUMA)は、ドイツを本拠地とする、スポーツ用品の製造から販売までしている、世界的な会社です。プーマの創業は1948年で、当初は「ルーダ」という名称でしたが、翌1949年に社名をプーマと改めました。

元々プーマは、1920年設立の「ダスラー兄弟商会」という、アドルフ・ダスラーとルドルフ・ダスラーが、兄弟で創立した会社です。創立当初は体育館用のシューズや、ゴムチューブを使ったスリッパ等を作っていました。

しかしその後、兄弟は対立するようになり、1948年に「ダスラー兄弟商会」を解消して、それぞれの会社を設立します。兄のルドルフが設立した会社が「プーマ」で、弟のアドルフが設立した会社が「アディダス」です。どちらも世界的スポーツ用品メーカーに成長しました。すごい兄弟ですね。
現在の商品ロゴは、ピューマではなく、チーターのシルエットが描かれています。

プーマ(PUMA)のスニーカーは、メンズだけでなく、レディース、キッズも充実しており、人気があり、プーマのロゴマークが印象的ですね。

プーマのスニーカーの特徴は、斬新なデザインとフォルム、機能性、耐久性なども兼ね備えた魅力です。プーマ(PUMA)のスニーカーは、ファッションブランドとしての地位も確率し、最近になってからは、ストリートファッションとしても定着してきました。

他会社とのコラボレーションスニーカーは、プーマのスニーカーの中でも人気の高いアイテムで、常にチェックが必要になっています。

会社名である「プーマ」の由来は、アメリカライオンのピューマからきていますが、現在の商品ロゴは、ピューマではなく、チーターのシルエットが描かれています。

以上 プーマ(PUMA)のスニーカーの豆知識でした。

| プーマ(PUMA)のスニーカー | - |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

アディダスのスニーカー

 このページでは、アディダスに関する豆知識をご紹介します。アディダスに対してまったく知識が無くとも、こちらを読んで頂ければアディダス通になれますよ。

アディダスは、スポーツ用品全般を製造販売する総合スポーツメーカーです。その商品ラインナップは、スポーツをする際に必要な用具関連は、ほぼすべて網羅しており、主力商品はスニーカーです。

創業者であるアドルフ・ダスラーの兄、ルドルフ・ダスラーはプーマの創業者です。つまり、サッカー界で有名な2社のブランドは、兄弟がそれぞれ創った会社なのです。

元々、スポーツシューズの老舗であり、開発にも天才的な技術者であるアドルフ・ダスラーを擁したアディダスは、1970年代までシューズメーカーとしてトップの地位を、不動にしていました。

しかし、1970年以降はじまるランニングブームを軽視したアディダスは、後発のナイキ、リーボックに遅れをとり、1990年前半には業界3位まで転落します。

その後、驚異的な復活を遂げ、2006年にリーボックを買収し、現在は、ナイキに次ぐ世界2位のスポーツブランドとなっています。アディダスを代表する名作スニーカーは5つ。それはスーパースター、スタンスミス、カントリー、キャンパス、ガッツレーで、発売から既に20年以上経過しているモデルばかりですが、今も安定した売り上げを誇っています。アディダスにも、プレミア物が多数存在しますが、その中の大多数は"メイドインフランス"という物です。

その名の通り、フランスメイド独特の雰囲気があります。もちろん現在は、東南アジア等での生産がメインのため、フランスでの生産はしていませんので、マニアの間では非常に価値の高いもの、とされています。

アディダスを代表する名作スニーカーは、スーパースター、スタンスミス、カントリー、キャンパス、ガッツレーで、既に20年以上経過しているモデルばかりですが、今も根強い人気を誇っています。

以上 アディダス豆知識でした。

| アディダスのスニーカー | - |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

ナイキ(NIKE)のスニーカー

 スニーカーやバッシュとして人気が高いナイキ (NIKE)ですが、ナイキ (NIKE) は、1972年に設立されたアメリカ合衆国オレゴン州に本社を置く、スニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業です。創立者はウィリアム・J・バウワーマン(William J. BOWERMAN)とフィリップ・H・ナイト(Philip H. KNIGHT)です。
社名の由来は、ギリシャ神話の勝利の女神「ニケ」(Nike)であると言われています。また、ナイキのロゴである「スウッシュ」は、勝利の女神ニケの翼を表しています。
スニーカーのナイキ(NIKE)は、陸上部コーチと選手の2人から産声をあげました。オレゴン大学の陸上部コーチのビル・バウワーマンは、独創性あふれるコーチで、ジョギングを米国に紹介しています。そのコーチの指導下の、中距離ランナーのフィル・ナイトは、当時、米国シューズ(スニーカー)業界を支配していたドイツメーカーを退け、安くてハイテクのスポーツスニーカーを、日本から輸入しようと考えました。
1964年に2人は、ブルーリボンスポーツ社(BRS)を設立し、日本のオニツカタイガー製靴会社(現アシックス)のシューズを、アメリカで輸入販売を始めます。その後、まもなくBRSは、従来の路線を変更し、新しい角度から事業に取り組み始めます。新しいデザインの、新しい会社「ナイキ」に生まれ変わります。
1974年に、ナイキは、バウワーマンが朝食用のワッフルから思いついたという、ワッフル・ソールのランニング・シューズ(スニーカー)を発売し、大ベストセラーとなります。1984年にナイキは、マイケル・ジョーダンと契約し、あのスニーカーの名作「エア・ジョーダン」を発表し、爆発的ヒットとなります。また、ナイキ(NIKE)のエアマックスが社会的大ブームを巻き起こしたことも有名ですね。
ナイキ(NIKE)は、スニーカーファンなら、欠かせないメーカーでしょう。
以上 ナイキ(NIKE)についての説明でした。

| ナイキ(NIKE)のスニーカー | - |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/1PAGES |