| TOP | アディダスのスニーカー >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

ナイキ(NIKE)のスニーカー

 スニーカーやバッシュとして人気が高いナイキ (NIKE)ですが、ナイキ (NIKE) は、1972年に設立されたアメリカ合衆国オレゴン州に本社を置く、スニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業です。創立者はウィリアム・J・バウワーマン(William J. BOWERMAN)とフィリップ・H・ナイト(Philip H. KNIGHT)です。
社名の由来は、ギリシャ神話の勝利の女神「ニケ」(Nike)であると言われています。また、ナイキのロゴである「スウッシュ」は、勝利の女神ニケの翼を表しています。
スニーカーのナイキ(NIKE)は、陸上部コーチと選手の2人から産声をあげました。オレゴン大学の陸上部コーチのビル・バウワーマンは、独創性あふれるコーチで、ジョギングを米国に紹介しています。そのコーチの指導下の、中距離ランナーのフィル・ナイトは、当時、米国シューズ(スニーカー)業界を支配していたドイツメーカーを退け、安くてハイテクのスポーツスニーカーを、日本から輸入しようと考えました。
1964年に2人は、ブルーリボンスポーツ社(BRS)を設立し、日本のオニツカタイガー製靴会社(現アシックス)のシューズを、アメリカで輸入販売を始めます。その後、まもなくBRSは、従来の路線を変更し、新しい角度から事業に取り組み始めます。新しいデザインの、新しい会社「ナイキ」に生まれ変わります。
1974年に、ナイキは、バウワーマンが朝食用のワッフルから思いついたという、ワッフル・ソールのランニング・シューズ(スニーカー)を発売し、大ベストセラーとなります。1984年にナイキは、マイケル・ジョーダンと契約し、あのスニーカーの名作「エア・ジョーダン」を発表し、爆発的ヒットとなります。また、ナイキ(NIKE)のエアマックスが社会的大ブームを巻き起こしたことも有名ですね。
ナイキ(NIKE)は、スニーカーファンなら、欠かせないメーカーでしょう。
以上 ナイキ(NIKE)についての説明でした。

| ナイキ(NIKE)のスニーカー | - |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://suniikabland.jugem.jp/trackback/1
トラックバック